ガラスびん工場&ワイナリー見学ツアー!ガラスびん応援隊 ②

さて、いよいよガラスびん工場の製造工程の見学です。今回は特別に見学できるようですが、全身用意していただいた衣装に着替えて出発しました。ちょっとびっくりな集団?のような・・・・
画像
まずは、工場の敷地の中へ移動しながら工場のエントツからも煙も出てなく、2001年には環境マネジメントシステムISO14001も取得され、美しい地球環境を守り、資源の有効利用を積極的に推進!3Rのリデュース(軽量化)リユース(リターナルびん)リサイクル(エコロジーボトル)のしっかりした環境型社会への取り組みをされているとのことです。
画像
川崎の工場らしい風景も夜にはすてきな夜景スポットで、人気のバスツアーもあるようです。また夜にも是非来てみたいですね。ふふ
画像
そしてこちらは回収された使用済みのガラスびんを砕いたカレットの山?すごいです。(@_@;)
画像
わたしたち一人一人がガラスびんをちゃんとリサイクルすることが一番の節約になるんですね。その時にちゃんとキャップをはずして、中をさっとゆすいで、出すことが、余計なエネルギーを使わず省エネにもつながるんですね。他にも市長村によっての取り組み方法が違うので、分別せずゴミと一緒にうめたてしちゃうことも多いようで、いろいろと協力をお願いしているとのことです。
画像
ガラスびんの色分けも大事だそうです。リサイクルは分別も大事ですね。
画像
いよいよ製造工程の見学です。こちらからは撮影禁止のところもあるのでカメラもしまってしまい、詳しくお伝えできませんが、中はとても暑くて、見学が今の時期でよかったです。特にコンピューターによる溶融管理システムはすばらしいですが、最後は人によって目視検査されているのには、なんか安心しました。
画像
見学が終わって、うれしいキレートレモンをいただきました。こちらの東洋ガラスさんで製造しているのは、びんの裏や横にTの文字が入っています。早速に確認してみました!
画像
T2とありました!なんか感激です。3本に1本は、東洋ガラスさんの製品だそうです。いつも何気なく使っているガラスびんが身近に感じられますね~(*^_^*)なんかとても貴重な体験をさせていただきました。見学後は、記念撮影もありました。東洋ガラス川崎工場の皆さま大変お世話になりました。(*^_^*)
画像
つづく

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック